健康で快適な省エネ住宅
『楽暮』(らくら)

健康に優しい住まいが
家計にも優しい理由

省エネな家ってどんな家?

今さらながら、省エネな家についてもう一度考えてみましょう。「省エネ」には2つの考え方があると思います。
一つは環境に優しい家。
もう一つは家計に優しい、光熱費の少ない家。
どちらも正しく、2つが一つになることで省エネな家は成立します。

楽暮が省エネな家である理由をご説明します。

今のお住まいと比べてみて下さい

従来のお家だと各部屋に1つずつエアコンがあり、家族全員がそれぞれの部屋に移動すると全てが稼働するため、の分の電気代がかかります。
寒い部屋を暖めたり、涼しくしたりするので、各部屋で電源を入れてから快適な温度になるまで相当な電力を要します。
そしてそれが毎日続くので、季節によっては高い電気代になるかもしれません。楽暮の家の空調はエアコン1台で建物全体の温度を維持しています。
エアコンの「効率の良さ」では理にかなったものだと言えます。

家計をグッと抑える省エネ設備

楽暮の家はオール電化を採用しています。
オール電化、中でもエコキュートなどの給湯設備は深夜電力を使用してお湯を沸かすので光熱費を安くすることができます。
さらに、太陽光発電や蓄電池、HEMSなどを組み合わせることで、光熱費をさらに安くすることも可能です。これらの設備に目が行きがちですが、楽暮の家はエアコンの効率を高めるためにペアガラスよりも効果的なトリプルガラスを一部採用していることも特徴の一つです。
冬場は窓を通じて冷やされた空気が室内の温度を下げるので、断熱性の高いガラスやサッシを用いることも省エネに一役買っています。

全てが一体となって光熱費を抑えること、それが環境にも、家計にも優しい住まいです。

楽暮について

楽暮誕生ヒストリー

外断熱工法と
「エアコン1台」で快適な理由

窓を開けずに換気ができる
「きれいな空気のお家」の理由