健康で快適な省エネ住宅
『楽暮』(らくら)

窓を開けずに換気ができる
「きれいな空気のお家」の理由

健康な住まいは「健康な空気」から

現代の高断熱・高気密の家では、外に逃げる空気や「すき間風」なども少なく、室内の換気が必要とされています。
鹿児島県の場合は、窓を開けて換気をしようと思ったものの、桜島の降灰で窓を開けられない…ということもあります。
また、季節によっては花粉やPM2.5、黄砂もあり、窓を開けた方が汚れた空気が入ってくるということも。

そうなると、室内の空気はカビやダニなどのハウスダストやアレルギー物質が増えてきて、鼻炎やアトピーなどの症状を引き起こすことにもなりかねません。
「快適で健康な住まい」である楽暮の家では、室内の空気にもこだわって、きれいな環境を実現しました。
それが24時間換気システムです。

高性能のフィルターで室内に入る空気をきれいにして、汚れた空気は強制的に排出されるため、1日中きれいな空気で過ごすことができることから、窓を開けるよりも効果的な換気が可能です。

下の図を見て思うこと

これは室内のハウスダストの状況を示したものです。

赤ちゃんや小さなお子様のいる方はどのように感じられたでしょうか?汚れた空気は下に集まります。
ハイハイする赤ちゃんや、床に寝転ぶ子どもたち、さらには床に布団を敷いて寝たときは、ハウスダストの影響を受けやすいことが分かります。
通常の換気扇が壁の高い位置につけられているのに対し、楽暮の換気システムでは汚れた空気は床から強制的に排出されるため、効果的にハウスダストを除去することができます。

健康な家は「美肌の住まい」!?

当社の24時間換気システムは、基礎の地熱を使用した熱交換器を用いています。
真冬に室内に入ってくる空気が、熱交換器を通ることで基礎の地熱により暖められて室内に入ってきます。
その際に湿度も調節されるので、ある程度の湿度も保った状態となります。
エアコンなどで空気が乾燥すると、肌が乾燥するため化粧水を使用したり、のどが痛くなって風邪をひきやすくなったりします。
楽暮の住まいは直接エアコンの風を受けることがないので、お肌やのどにも優しいお家だと言えるでしょう。

楽暮について

楽暮誕生ヒストリー

外断熱工法と
「エアコン1台」で快適な理由

健康に優しい住まいが
家計にも優しい理由